【重要】腰痛のレッドフラッグサイン


こんにちは、腰痛専門整体院 澪-mio-院長の町田純一です。

今回は「腰痛のレッドフラッグサインをお伝えしたいと思います。


端的に言うと、生命の危機に関わる重大な疾患の可能性がある徴候や症状です。


レッドフラッグは腰痛全体の1~5%と言われており、絶対見逃してはいけない状態です。


腰痛診療ガイドラインでレッドフラッグは以下のように規定されています。

・発症年齢20歳未満、または50歳以上の腰痛

・時間や活動性に関係ない腰痛(安静時痛)

・胸部痛

・がん、ステロイド治療、HIVの感染の既往歴

・栄養不良

・体重減少

・広範囲に及ぶ神経症状

・構築性脊柱変形(円背など)

・発熱

腰痛とともに上記の症状・徴候がみられたら、重篤な疾患、重篤なヘルニア・狭窄症等、ガン、骨折を疑う必要があります。


当院でもレッドフラッグに該当した場合、または疑わしい場合は、直ちに医療機関へ受診を促させて頂いております。


もし、皆様の身近に該当する方がいらっしゃる様でしたら、直ぐに教えてあげてください。

判断しづらい様でしたら、お気軽に当院までご相談ください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です