コーヒーはお好きですか?

こんにちは、腰痛専門整体院 澪-mio-院長の町田純一です。

皆様は普段コーヒー飲まれますか?

私は全く飲みません。と言うより飲めません。

体質的にカフェインに対する許容度が低いのだと思います。

全く問題のない方が少し羨ましいです。

飲めると大人な感じですよね。


ただ、飲める方でも量は気を付けなければいけません。

これはコーヒーだけではなく、他のカフェイン飲料(紅茶、緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶、エナジードリンクなど)にも言える事です。

個人差はありますが、1日のカフェイン摂取量は200mg位が上限と言われています。
※日本は明確な摂取基準はありません。

コーヒー100mlあたり60mgのカフェイン量ですので、

一般的な缶コーヒー1.5~2本分。

スタバだとトールサイズ1杯分。

豆の種類によってカフェイン量も変わるそうですが、だいたいの目安です。


ところで、皆様はどのような目的で飲まれているでしょうか?

あくまでも嗜好品ですから、そんなの考えないで飲まれている方が大半だと思いますが、

体に入れる物なので多少は意識された方が良いと思います。

良い効果としては、「集中力を高める」「眠気覚まし」が挙げられると思います。

普段カフェインを摂取しない私は必要性を感じませんが、、、。

過剰摂取では、中枢神経を過剰に刺激してしまう為、「めまい」「息苦しさ」「不眠」などの悪影響を及ぼす可能性があり、胃腸の不快感も出現することがあります。

また、ストレス反応を強めてしまい、かえって不安症になる可能性もあるそうなので、コントロールは必要だと思います。


普段から常飲されている方が、
午後の早い時間に、なんとなく不安になったり落ち着きがなくなったりイライラしやすくなっているようであればカフェイン依存の可能性があるようです。

まずは、すべてのカフェイン抜きをしてしまうと離脱症状(頭痛、疲労感、イライラ、筋肉痛)が出てしまうので、摂取量を徐々に減らしていきましょう。

・コーヒーを飲まれる方は、少しずつデカフェに変える。

・お茶類を飲まれる方は、麦茶やルイボスティーなどノンカフェイン飲料に少しずつ変える。

などの工夫をして、最低2~3週間試してください。

自分のカフェイン許容量を認識して正常に戻しましょう。

効果を期待していても、かえって不調になってしまったら本末転倒ですからね。

同じ類で、プロテインもそうです。

これについては次回お伝えしようと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。