大谷選手が実践した「マンダラート」

こんにちは、腰痛専門整体院 澪-mio-院長の町田純一です。

今回は「マンダラート」についてお伝えしたいと思います。

皆様は聞いたことがありますか?

「マンダラチャート」ともいうみたいです。

私は恥ずかしながら最近知ったばかりです。

メジャーリーグで活躍中の大谷翔平選手が、花巻東高校野球部監督の佐々木洋氏に指導を受けた内容の一部に「マンダラート」作成があり、現在の成功の秘訣と言われています。

大谷選手が高校1年生の時に作成したマンダラート

作成方法(詳細はお調べ頂くか、私に聞いてください)

1.9×9のマスを作り、真ん中に「自分の成し遂げたいこと」を書く

2.その周りの8マスに「成し遂げたいこと」を達成するために必要な「要素」を書く

3.2の「8個の要素」を他のマスの真ん中に書く

4.3の「要素」に必要な「8個の行動目標」を書く

これを利用することで、

・目標が可視化され明確になる

・目標を達成するために必要な項目がわかる

などのメリットがあります。

また、目標達成だけでなく「問題解決」や「評価チェックリスト」としても利用できます。

大谷選手が作成した中で、私が最も注目したのは『運』の項目です。

佐々木監督は、運は待っているものではなくコントロールするものと選手達に伝えているそうです。

自分を律することで運を引き寄せる。

そうすれば、大切な人と出会うチャンスが広がる。

その教えから大谷選手は、運の項目に「あいさつ」「ゴミ拾い」「プラス思考」「部屋掃除」などを挙げています。

今でもメジャーの試合中にゴミ拾いを実行していますよね。

昔、誰かが言っていたのを思い出しました。

「ゴミを拾っている」のではなく、「運を拾っている」と。

これだけ結果を出していて人格的にも優れている。

おそらく今でも「マンダラート」を実践しているかと思われます。

佐々木監督は「でも」「だって」「どうせ」の3つは悪魔の言葉。愚痴や言い訳が始まると運も逃げてしまう。

とも選手達に伝えているそうです。

現在の大谷選手の活躍は、並々ならぬ努力の賜物ですが、こうした考え方やマインドもかなり大事な要因だと思いました。

皆様はネガティブな発言はしていませんか?

言霊は伊達じゃないですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。