FODMAP vol.2

 こんにちは、腰痛専門整体院 澪-mio-院長の町田純一です。


今日も前回に続きFODMAPに関してお伝えしたいと思います。


おさらいですが、

F(Fermentable)発酵性

O(Oligosaccharides)オリゴ糖 ガラクトオリゴ糖とフルクタン

D(Disaccharides)二糖類 ラクトース(乳糖)など

M(Monosaccharides)単糖類 フルクトース(果糖)など

・And

P(Polyols)ポリオール類 ソルビトールやキシリトール

となっています。


避けた方が良い物をまとめると、

●小麦粉を使った食品

 パン、パスタ・うどんなどの麺類、クッキーなどの焼き菓子

●豆類

 大豆(納豆・絹ごし豆腐)、小豆、ひよこ豆、さやえんどう

●野菜

 たまねぎ、にんにく、ごぼう、レンコン、ピーマン、アスパラガス、カリフラワー、マッシュルーム、セロリ、ニラ、トウモロコシ(穀類)、キムチ

●乳製品

 牛乳、ヨーグルト、アイスクリーム

●果物

 リンゴ、スイカ、マンゴー、パパイヤ、桃、梨、アボカド、グレープフルーツ、サクランボ、ザクロ、ブラックベリー、ドライフルーツ

●ナッツ

 アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツ

●その他

 はちみつ、オリゴ糖、キシリトール、ソルビトール(〇〇オールのつく甘味料)、乾燥昆布、スナック菓子、清涼飲料水(果糖ブドウ糖液糖)、ウーロン茶

こうして見てみると、かなりの量ですし細かいですよね。

しかも加工の仕方でも変化が出る物もあります。

例)大豆製品:✖納豆 〇味噌  ✖絹ごし豆腐 〇木綿豆腐

難しいですね、、、。

いきなり全部排除するのは困難ですので、少しずつ減らしていければ良いと思います。

IBS・SIBOの診断を受けていない方でも、腸内環境に不具合を感じている方は試みても良いと思います。


まずは、小麦製品と玉ねぎの摂取を2週間減らしてみましょう。

ちなみに、プロバイオティクス(ヨーグルトなどの健康食品)は現在エビデンスがありません。

プレバイオティクス(大腸菌を育てるサプリメント)はある程度証明されているようですが、まだまだ研究の初期段階のようです。


食品1つとっても色々ですね。

言い出したらキリがないです。

人それぞれ合う食品、合わない食品があるので、やはりトライアルアンドエラーが必要ですね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です