ページトップ


ラジオ波とは
Radio wave treatment

ラジオスティム

ラジオ波施術

ソチオリンピックにて日本選手団のマルチサポートハウスに正式導入。リオオリンピックにおいても日本代表のコンディショニングに使用される高周波温熱機器です。
ラジオ波は発信する電極から、アースと呼ばれる対極板の間を行ったり来たりして、体内にジュール熱を発生させます。

では、そのエネルギーが通った所すべてが温まるのでしょうか?
ここがラジオ波の凄い所でもあり、不思議なエネルギーと言われる所以ですが「抵抗の高い場所に熱を発生させる」のです。
つまり狙わなくても自然と治療ポイン トに熱が集まるという事です。逆にこの習性を利用して、狙った場所へピンポイントに温熱を加えることも可能になります。
さらにその体感は超音波エネルギーとは比べ物にならない温度とスピードを持っています。

ラジオ波により細胞温度が上がる事で、傷ついたタンパク質を修復し、元気な細胞にしてくれる「ヒートショックプロテイン(HSP)」の産生が活性化され、痛みの改善が促進されます。
その為、むち打ちや寝違い、腰痛、肩の痛み、肩こり、膝の痛み、などの早期改善だけでなく、新陳代謝が上がるのでダイエット効果も期待できます。
他にも自律神経バランス改善、ホルモンバランス改善効果もあり免疫力向上で、ストレスに負けない体を作ります。

ラジオ波施術はどんなところで使われているの?

どんなところで使われているの?

スポーツ業界では、サッカーJ1チームや、プロバスケットボールB.LEAGUE/B1チームの選手が、ケガの予防・試合後の疲労回復などコンディショニングの為、毎日使用しています。

エステ業界では、美肌・痩身・むくみなど美容全般に使用されています。

ラジオ波施術

特に良いところは?

  • 年齢を問わず使用可能。しかも、副作用がほぼ無し。
  • 今までの機器と比べて熱伝導が早く、短時間でも広範囲に対して充分な温熱を得ることが出来ます。
  • 細胞レベルで温めることができるので筋肉や神経細胞を深部から温める事で早期修復を促します。
  • おなかを中心に深部を温めることで、身体全体に血液が行き渡り、高い温熱持続性を生み出します。

冷え性改善

  • 細胞が冷えると、その活動力が低下し、様々な弊害を起こします。
  • 例えば、筋肉が冷えて硬くなる事で神経などを圧迫し、しびれを誘発します。
  • 内蔵では機能低下により体調不良や様々な病気をひき起こす原因にも繋がります。
  • 婦人科系の病気や不妊・肥満・神経痛・うつ・自律神経失調症・倦怠感・便秘・下痢なども冷えが原因といわれています。

便秘改善

  • 便秘は内臓が冷える事で機能が低下してなる場合があります。
  • 冷えで機能が落ちてしまった内臓の深部に、ラジオ波の温熱で腸運動が活発になり、正常な便通が期待できます。
  • 細胞レベルで温めることができるので筋肉や神経細胞を深部から温める事で早期修復を促します。
  • 腸内環境が悪くなると、肌のトラブルや肥満・アレルギー・大腸がんの原因にもなります。

ラジオ波の温熱で、健康な内臓を手に入れましょう。
内臓が元気に活動すれば、体内酵素の働きも活発になり疲れ難くなります。
また、ホルモンバランスが整うことで体調を保てるようになります。

この冷え、どうにかならないの?
ラジオ波施術をご希望の方へ

ラジオ波施術をご希望の方へ

ラジオ波は、より確実な温熱効果を得るため、肌に直接機器と施術者の手が触れる手技となっております。
部位により着替えをお願いすることもありますので、ラジオ波をご希望の方は、着替えをお持ち頂く事をお勧め致します。
(当院でも用意しておりますが、数に限りがございます。)

1回の施術でも効果を得られる事が多いですが、症状によっては何回か続ける事で、より高い改善効果が期待できます。